BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ▶︎くせ毛を活かすに活かせないあなたへ
  4. 湿度の上昇でクセ毛がいうこと聞かないとお嘆きのあなたへのカット方法

湿度の上昇でクセ毛がいうこと聞かないとお嘆きのあなたへのカット方法

あなたのヘアライフにあったら
いいなを形に。面白い商品を作
りたい。クセ毛を活かすことに
特化したヘアケアコスメの販売
をしております。

広島県東広島市黒瀬町の美容室
RitaNicoです^^

昨日、

クセ毛が、うねってきて膨らむ
わでいうことを聞かなくなって
きたから、ショートヘアにカッ
トして(T_T)!とお客様がかけ
こんでこられました。

急な気温の上昇と共に、クセ毛
の方の大敵、にっくき湿度ちゃ
んも上がって参りましたからね
。お察しします(^^;

さ、では、

梅雨シーズン、湿気を含んだ髪
が、クセ毛
が変にボリューム出
て、言うことを聞かないとお嘆
のあなたへ、RitaNico流の
クセ毛さ
んヘアカットを解説し
たいと思います。

結論を先に言いますと、クセの
外側カ
ーブを切り取るように、
すけばい
いんです。点ですく、
すきばさみじゃ切り取れません
から、ハサミで線で切り取って
ヘアスタイルに空間を空けてあ
げるんです。

これね。クセ毛ってS状にうね
りますでしょ?でね。外側のカ
ーブと内側カーブとに分かれま
すよね?

この外側をオルソコルテックス
、内側をパラコルテックスなん
ていいますけれど、名所は特に
気にしないでください。僕が、
難しい言葉を自慢したかっただ
けですので。

そうなの。自慢したかったの。

外側カーブって髪の中身が粗い
んです。で、内側。こちらは密
なんですね。

だから、外側は粗く隙間がある
ので湿気が入り込みやすいわけ
です。内側は逆。湿気が入り込
みにくいときたもんだから、髪
の外側カーブがパンパンに膨ら
み、内側カーブがギュッと縮こ
まるため、梅雨シーズンは髪が
うねってくるんですね。

ってことはですね。外側カーブ
を切り取るようにすいた方が、
まー、言うても、ちょっとは、
湿気の影響を受けにくいんじゃ
なかろうかね?と僕は思い至っ
たわけです。

内側から、切って、すいて、切
断面に外側カーブが残るよりも、

外側から切って、すいて切断面
に内側カーブが残る方が湿気の
影響を受けにくいんじゃないの
かな?ってことで仮説を立てて
、点ではなく、線で外側カーブ
をすくように僕は心がけている
のですが、

とはいえ、そうは言っても、1
本の毛を縦に、半分に割くわけ
にはいきませんから…

カットっていうのは、どのみち
毛先を作る作業なわけでして、
結局のところ、根元から毛先の
波状はそのまま存在しておるわ
けです。

外側カーブを狙ってカットして
切り落としたところで、切断面
を確認できるわけでもないです
しね(^^;

とはいえ、10万本あると言われ
る髪の毛ですから、10万本の毛
先が、内側カーブ寄りの断面が
集まれば、髪の広がりは、そこ
はやっぱり、わずかばかりの可
能性であっても、わずかばかり
の可能性が合わされれば、膨ら
みからの影響は緩和されとるん
じゃなかろうかい?と、僕は思
うのであります。

いや、現に、外側カーブを狙っ
て線で切り取るようにすいてあ
げた方が、ヘアスタイルに不自
然さがなく自然と空間が設置で
きますし、ヘアスタイルとして
成立しやすい。

素材であるクセを変にボリュー
ムを出さずに、活かしてさしあ
げることができると、長年のサ
ロンワークから実感しています
^^

お写真ありがとうございます^^


(皆様、外側カーブを切り取る
ようにすかせていただいている
のですが、スタイリングしたと
きに空間が空き、素材であるク
セが活きてきやすくなります
^^)

とはいえ、このブログで何度も
説明していますが、乾かすだけ
でクセが収まって活かせるのか

となりますと、答えはNO!で
ありまして、

水分と油分が全く足りていない
本来の髪の毛の状態じゃないわ
けです。乾燥したままで、空気
中の水分子が髪に飛び込んでく
るからガサッと、変に膨らみ、
髪の制御がしずらいんですね。

朝は寝癖をほどくシャンプーを
してください。これからの季節
、ドライヤーがお嫌でしたら、
タオルドライでもかまいません
。とはいえ、そこはしっかりと
タオルドライしてください。

そして、スタイリング剤の水分
と油分の
力を借りて、本来の髪
の毛の状
態に近づけてあげる工
夫も大切
です。

手にスタイリングをたっぷり伸
ばし、その手を髪の中入れ振る
。フリフリと振って馴染ませる
。それから、ニギニギと握る。
カットとスタイリング剤であな
たのクセ毛を丸ごと活かせるは
ず。

梅雨っぽい季節、クセ毛を嫌う
のではなく、クセ毛に逆らい格
闘しスタイリングするよりも、
毎日、ストレスをかかえるより
も、

クセを活かすことで、梅雨から
夏のシーズン、ストレスフリー
でクセ毛を思いっきり^^!楽
しめるといいですよね^^

そのお手伝いができましたら幸
いです^^

関連記事